核シェルター

日本にも核シェルターを設置する人っているんですね。こちらを見ると施工例がありました。日本で核戦争が起きる可能性はわかりませんが、基本的には災害用なんでしょう。

今までに最大の核爆弾であるツァーリ・ボンバは爆心から58キロメートル離れた地点でも熱線で死ぬそうですから、国会議事堂に落ちたら、シェルター入る前にオレは死ぬ(笑)。まぁ自分だけじゃなくて関東一円の人間が燃え上がることを考えると、とんでもないものを人間って作るんだなと思いました。

これらシェルターの役目は2週間程度中で生存可能なようにしているようです。食料・水、そして空気。空気を濾過するフィルターが一番のキモみたいですね。

しっかし、普段これあっても使わないのかなあ。個人的にはオーディオセットとプロジェクターを同時に設置して、しばらくヒマをつぶせるようにするだろうな。LOSTに出てきたスワンステーションのようなところだったら、ガマンできるかも。でも1カ月が限度だろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です