タグ別アーカイブ: E-PL2

EOS Kiss X6i

あら、これは欲しいかも、と素直に思えるカメラが久々に。デジカメから興味が若干失せたこともありまして、NEX-7もEOS 5D MarkIIIも「うーん、別にいらないかも」と思っていたのですが、このKiss X6iはスペック上なかなかよさげだな、と感じた次第。次の7Dのスペックを予想させうる存在というべきかな。

個人的に、いいなと思ったのは以下のところ。

動画撮影が進化してること。フルHDで30fpsになってるのは前の機種からなので当然として、ハイブリッドCMOS AFが採用されたり、ステッピングモータを採用したSTMレンズが用意されているのが動画に対してのEOSの新たな基準、という期待をさせます。AFとして使う場合には今のモデルたちよりもはるかに簡単になっていそうでぜひ試してみたい。

さらに音声もステレオで録音できるし、ステレオマイク端子も付いた。さらにマニュアルでのレベル調整に加えてウィンドカット機能とかアッテネーターもあり、追い込んだ調整もお手軽なモードも双方できるフレキジブルさがいいな、と思ったのでした。

もうビデオカメラいらんよな、という作りになっていてくれることを期待しちゃうわけさ。

あとはタッチパネルを採用したインターフェイス。従来のものは残してくれているので、タッチパネルナシでも操作できるのは嬉しいし、それにプラスしてタッチパネルでより直感的な操作ができるのはよい。

次はお手軽なクリエイティブフィルター。ま、ここらへんは自分の持っているEOS機種にはまったくないものなので、Eye-FI対応と相まって、撮影画像をクリエイティブフィルターで加工してEye-Fi経由でiPhoneに飛ばしてFacebookにアップロードするなんてことができるわけだ。ま、自分じゃやらないけど、できるのとできないのではちょと違う。こういったものが欲しくてE-PL2を買ったりしたわけなので、あればなんだかんだ使う機能だな。

肝心の画質は、あまり気にしない。なぜかというとデジタルカメラ、特に一眼レフは静止画画質に関してはほぼどれを選んでも変なことにはならなくなった時代になったから。7Dと同等のセンサーから4つ目なんだからそれなりに進化しているだろうし、そこらへんは心配してない。画質をめっちゃ重視するねん!という人以外にはフルサイズなんていらんな、と思うわけでAPS-Cでも7年前のKiss DNの画質だって昼間撮影したものなら、ほとんどの人には十分だと思う。キヤノンのやることなんだから、ここらへんは信用しよう。

もちろん、即必要なものではないので、少し価格が落ち着いたら買おうかな、なんて思って欲しいものリストには突っ込んでおきました。

CANON デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X6i
CANON デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X6i

E-PL1sとPT-EP01で撮影

というわけで前回の続き。今度は沖縄でE-PL1sとPT-EP01を使ってきたのでその写真。というか写真はあんまり意味ないよなあ。単なる撮影記録でしかないのであるし。

今回、PT-EP01を注文したのはB&Hというその筋(どんなスジ)では有名なアメリカにあるカメラ屋さん。まぁ、これも偶然ニューヨークにあるわけだが、行くのが決定する前に注文したので通常の個人輸入で買ったわけです。ハウジング自体の価格は、$419なので77円で換算すると32,263円。実際には送料が$64かかりますので、それをプラスするとざっと37,000円ってところでしょうか。たまたまPhotoshop Lightroomが$150セールやってたので一緒に買ったので(12,000円切ってるのがすごい)、それだけに送料かかってるわけじゃありませんけど、それでも国内で買うと5万円弱はしますから、1万円以上安く買えてるわけです。国内価格が高止まりしてる気がするけど。円高で損している分を日本の顧客が負担している気がしてる。他のE-PL3とかもB&Hの方が全然安いし。

それにOLYMPUSは国際保証なのでドコで買おうと保証付くのがいいところです。会社はガタガタしておりますがw、とりあえず製品に罪はない。それにダイビングしているとOLYMPUS比率がスゴく高い。ダイバーにおけるシェアはOLYMPUS圧勝でございます。「みんなオリンパスなのねー」と思わず聞くと、ハウジングたくさんあるしねー、とかパーツもいっぱいあるしね、などと非常に肯定的な答えが返ってくるわけです。ほんとにファンはいるわけで、そこらへん今後会社としてちゃんとしなきゃダメじゃない?となおさら思うわけだ。

さて、本題に戻るとE-PL1sとE-PL2を水中で使う際に大きくスペックが異なるのはE-PL2には水中ホワイトバランスがあること。E-PL1sは水中モード(水中マクロとか水中ワイド)にすると、ホワイトバランスは5300K、つまり太陽光固定になります。そして、E-PL2の水中ホワイトバランスは、推測になるが5300Kを基準にしつつも、これをそのときの青さとかによって上手にシフトしているご様子。赤みをちょっと足したりして、必要以上に青くならないし、自然な水中の色が出ているように思える。浅いところなら本当に自然だ。E-PL2はこの点が非常に優秀だ。水中ホワイトバランスに関してはこちらの記事が詳しい。マクロでストロボ光メインの撮影になるとあんまり変わらないけどね。 続きを読む E-PL1sとPT-EP01で撮影

E-PL2とPT-EP03で撮影した沖縄の海

そういえば、先月沖縄に行ったのだった。いや二度ほど行ったのですが、9/23からの沖縄ダイビング修行の時の写真をば。

今回は到着日から2ダイブするツアーで申し込みました。4泊5日で合計8ダイブします。二日目以降はケラマに行くツアー。二日目以降は1ダイブプラスできますので、合計で11ダイブしてきました。しょーじき、おっさんなので四日間で11回潜るのは疲れます…。

さて、今回は知り合いに借りたE-PL2とPT-EP03で撮影してきました。PanasonicのDMC-FT3でもよかったのですが(持って行ってましたし)、とりあえずこっちでがんばってみようと、おっちらえっちら持って行ったわけです。

感想を一言で言うならば…「でかい・面倒・大変」でしょうか。一言じゃなくて三言いっておりますが、慣れないダイビングですので、非常にカメラに気を取られるというか。

今回は初日は那覇からすぐ行けるチービシ、二日目は渡名喜島、三日目と四日目はケラマだったのですが、二日目の渡名喜と三日目のケラマは、かなりキツいダイビングでした。いや、慣れている人にはたいしたことないんでしょうが、ドリフトダイビングをそれまで2本しか経験していない上に、ここまで流れの強いところでするのも初めてだったので、でかいカメラを担いで潜るのは大変なのだということを認識しました。

ドリフトダイビングですから海からエグジットするときに、船に向かって流れていき、船にしっかり捉まりながら移動しつつ後ろのはしごから登るわけですが、カメラがすごく邪魔wでかいのでなおさらでした。まぁ、四日目くらいにはやっと慣れてきましたので、今後もこのサイズでも大丈夫かな、という感触はつかめましたが。

というわけで、B&HでE-PL1s用のPT-EP01を注文して次のダイビングに備えるわけです。しまいっぱなしだったE-PL1sの出番がいよいよ到来するのです。

続く(たぶん)

E-PL2 パンケーキゴールド

さらにお安くなりました!

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL2 パンケーキキット ゴールド ¥ 36,178
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL2 パンケーキキット ゴールド ¥ 36,178

いや、さすがにもうおなかいっぱいなので買いません…買えませんが正しい。

せっかくの記事なのでまったく関係ない話題に転換してくだらないネタを書いてみる。ま、チラ裏ですが。昨今E-PL2などを購入しているのはダイビング用のカメラにしようかな?と考えていたからなのですが、そのダイビングをいまさら始めた自分が言うのはなんなのですが、なんか20年前と変わってないなぁと。 続きを読む E-PL2 パンケーキゴールド

E-PL2も安くなりました

うーむ、こないだE-PL1s買ったばかりというのに。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL2 パンケーキキット 39,800円
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL2 パンケーキキット 39,800円

ここまで来たら買うしか!というわけでポチりました。本当にありがとうございました。

言い訳してもいいですか?なんせパンケーキレンズだけで32,000円とかしますから。ボディを8千円で買ったと思えばたいしたことないだろうと。ちなみに赤だと3万4千円程度。ボディはオマケです。ボディなんて飾りです。

こうしてあっという間にオリンパスに8万円以上貢ぐのだった。ま、TG-810をコケにした罪滅ぼしということで。たぶん、自分のレビューでかなりブランド価値を毀損してしまったんじゃないかと思っておりますが、ちっとも反省していませんw

もうここまでフォーサーズに突っ込んだならNEXいらねーなぁ、なんて思ったりもして。高いしね。

9/15追記

P.S. ヨドバシの方が同じ値段でポイントついてるし。こっちの方が良いかもだ。ここまで下がるともうディスコンなんだなぁ、と思いますな。ボディ単体より安いしね。本日ウチにAmazonからのE-PL2も届きました。E-PL1sはどうしてくれようかwとりあえず仕舞っておきますが。