「スピーカー」タグアーカイブ

VEZELのスピーカーを交換

もうダメ、あたしガマンできないっ!こんな締まりのないボヤけた低音は許せないわっ!とイライラも募ったのでスピーカーを交換することに。そう、以前N BOX+につけていたKENWOODのスピーカーKFC-RS170にするのだ。

ウインドウのところにあるカバーを外す。
ウインドウのところにあるカバーを外す。
取るとこんな感じ。
取るとこんな感じ。
それほどこれは難しくはない
それほどこれは難しくはない

サッシのところのカバーをまず外す。力業ですぐ取れる。勢いあまってファスナーの金属部分などをぶっとばさないように注意。

続きを読む VEZELのスピーカーを交換

ONKYO ABX-N300

ヨドバシのアウトレットのページをつらつらと見ていると。このONKYO ABX-N300があった。最近別の部屋を借りたこともあり、そこで使うスピーカー、もしくはコンポ欲しいな、と思っていたのでどんなもんなのかな?とチェックしてみると、基本はiPhone(iPod)ベースで動作するもので、CDプレイヤーとかFMチューナーなんぞは一切ないすっきりした仕様。そのかわりvTuner対応(インターネットラジオ)だったり、AirPlayに対応してるし、DLNAクライアントとしても動作するというネットワーク系コンポとしては満漢全席…じゃなくて機能を満載している。

tech02気になる価格はなんと3,980円。新品で買うとまだ1万円程度しているのが、アウトレット(展示品と思われる)とはいえ、ここまで安くなっているとパソコン用のちょっとしたアクティブスピーカーなみ。即座に電話してみると在庫が三つあるようで一個確保しておいてもらい、さっそく買いに行った。これが日曜日のお話。見た目は非常にシンプル。モノリスっぽいというか、黒い細長い箱にシルバーのアクセントがあるイメージ。個人的にはこういったデザインは好きなのでよい。

アウトレットなので細かな傷とかほこりはついている。ま、使えばすぐこうなるので気にしない。
アウトレットなので細かな傷とかほこりはついている。ま、使えばすぐこうなるので気にしない。

んで、買って帰ってすぐチェックしたらなんと動作しないwうひー。リモコンは赤外線を出しているんだけど、本体側が一切反応しない。このスピーカー、リモコン使えないとまったくセットアップできないというシロモノ。リモコンなくしたらおしまいというすばらしい機材なのだ。なので月曜日にすぐ電話して別のものに交換してもらった。はじめの機材の方がキレイだったので、見た目はそっちの方がよかったんだけどね。修理してもらう手もあるが、この年末に修理に出して3週間かかったりしても困る。ヨドバシもすぐに交換に応じてくれたので助かった。在庫があったからとも言えるんだけど。

なお、リモコンが赤外線出しているかどうかは、デジカメやスマホのカメラでリモコンの送信部を見るとちかちか光っているのが見える(iPhone5Sだとわからなかったけど)。これで問題の切り分けができる。これ豆な。

二度も川崎までドライブするという手間はかかったけど、取りあえず使えるようになった。AirPlayするためにはWi-Fiにつながなきゃいけないとかこれまた設定に手間はかかる(リモコンでセキュリティキーを入れるめんどくさい仕様)。んが、いちどつながってしまえばあとは普通に使える。おそらくほとんど使わないだろうが、DLNAクライアント機能も試すが、こちらも立派にワークした。すばらしい。ディスプレイが小さくて本当に使いづらいがなんとか使えるレベル。もっともDLNAサーバに4TB分の音楽を入れているせいでメチャクチャお目当ての曲に行くまで時間かかるのは自分の家が特殊なせいだからガマンしどころだ。

abxn300s本当はAVアンプみたいにiPhoneとかAndroidからアプリでコントロールできると本当に使い勝手がいいんだけどね。そうするとコストが跳ね上がるだろうから、ここらへんはトレードオフか。

実際に音質も普通に聞きやすい音質で安っぽい音ではない。さすがオンキヨーというか一定のレベルには達している。スペック上は6cmのフルレンジなのだが、きちんと低音も出て、高音はシャリつくこともなく安心して聞いていられる。

あと、これは自分の環境のせいかと思うがWi-FiだとAirPlayとかDLNAが途中で止まることがある。一度リブートしたりしないと復帰しないことがった。ここらへんは検証してみないと何とも言えない。自分の利用シーンとしては普通にiPod 30pinコネクタ経由での利用になるので、ここらへんは目をつぶることにしたw欲を言えば…Bluetoothで繋がるとカンタンにいろんな機器がつなげられていいんだけどね。

新品を一万円で買う、となるとちょっと悩むところけど、5千円以下で見つけられれば文句なく買い、だと思う。もうディスコンなので手に入れづらいかとは思うが…。

※ちなみに初出では5万円というすさまじいプライスだったよう。AV Watchのページを見ると、それが窺える。しょーじき、5万円で買うシロモノではないと思いますwその価格で買う人もいないだろうけど。

スペックは以下の通り。アンプなどには余裕がめっちゃあるのでこれだけの音を描き出せるのかな、とも思う。

実用最大出力 10W+10W(6Ω、JEITA)
周波数特性 40Hz~20kHz/-3dB(LINE)
SN比 70dB(LINE、IHF-A)
スピーカー 6cm フルレンジ×2
音声入力端子 1(LINE IN)
ヘッドホン端子 1
LAN端子 1
最大外形寸法 430(幅)× 131(高さ)×148(奥行)mm
質量 2.6kg
付属品 リモコン

今さらstereo 2013年 8月号付録

ちょっと前に届いていて、ずっと手つかずで作ることをしなかったのがコレ。

STEREO付録の5cmスピーカー
STEREO付録の5cmスピーカーとバックロードホーン(別売りです)。

スキャンスピークというブランドのスピーカーがおまけでついてくる雑誌。昨年は10cmだったのが今回は小さくなって5cmに。どのくらい小さいか、というとこんなカンジ。

なぜかiPhone3GSと比べてみた
なぜかiPhone3GSと比べてみた

かわいいサイズに仕上がる。この箱は別売りでバックロードホーンというカタチのもの。ちらっと左下に写っているのが昨年の10cmスピーカーと、これまたコイズミ無線というスピーカーキットのお店で売っているバックロードホーンキットとの組み合わせ。

重い腰を上げてヒマだから作ってみるか、と20分くらいで組み立てて聞いてみた。

うーん。

やっぱり5cmだな、というのが正直な感想か。悪くないんだけど低音がやっぱり足りない。エージングが済んでいないってのもあるかと思うけどハコっぽい音というか硬質な響きもあって、あまり高級感はないかな。低音がブヨブヨへんな感じで出ないのは受け入れられるのでPCのスピーカー代わりとかイージーリスニング的に聞くときにはいいかもしれない。高音、中音は普通にいいと思うんだが。

10/8追記:少しパワーを多めに入れて元気よく鳴らす感じにすると低音の少なさをカバーできる、とは思った。結構な音量になるので常時こうするわけにも行かない。トーンコントロールで低音を多めにする、ラウドネスかける、アンプを電流帰還タイプに変える、という工夫をするなどした方がいいかな。

このスピーカー、コストを考えると別売りのムックで売っている箱を組み合わせてトータル7,000円弱。個人的にはコレは組み立てる楽しみとか小さいクセにバックロードホーンがいいんだい、というのならチョイスしてもいいとは思うけど、音質とかコストパフォーマンスを重視して小さなスピーカーが欲しいというのなら、FOSTEXのかんすぴシリーズのP800KとP800Eの組み合わせを強くオススメ。

これとこれ。

ペアでも5,000円しない。そのくせ音はとっても素直でよい。この上の10cmの1000シリーズに変更してもプラス2,000円の7千円でできちゃうかと。または昨年の付録だった10cmモデル(実質9cm)がまだ入手可能であれば、それと適当なエンクロージャ(ハコ)をオススメ。それこそこのFOSTEXのP-800Eに突っ込んでもいいかなと思う。

コイズミ無線の店頭ではまだ昨年の雑誌があったと思ったんだけど、通販だとないね…。ぼったくり価格で買うほどのものでもないので、Amazonで高値つかみするのはやめておきませう…。

チラっと写っているバックロードホーンキットはコレ↑です。なかなかよい。ちと高いけどしっかりしています。

AD00026 電流帰還アンプキット

自分の心の物欲エリアがレーダーサーチして今回見つけたのはこちら。いきなり完成形写真ですw

電流帰還アンプ AD00026
電流帰還アンプ AD00026

ビットトレードワンから出ている電流帰還アンプ。のキットです。色々なブログをネットサーフィン(これも死語なのかな)していて見つけたのでした。参考にしたのはこちらのブログです。

通販で買おうかなー、なんて思っていたのですがたまたま秋葉原に行ったので(いや、まあ暇つぶしでいつものコースなんだけど)、三月兎の店頭で購入しました。価格は5,980円。キットで作るのが面倒な人は完成品もあります(2千円アップ)。

続きを読む AD00026 電流帰還アンプキット

旅行用のスピーカー

最近音楽を聴きまくっているワタクシ。ここ20年の中で一番聴いているのではないかと思います。ここ2カ月でたぶん5千曲くらいは聴いているはず…。もちろん最初から最後まで聴かない曲もあります。さすがにそんなに時間はない…。昔デモテープを聴いている人と同じオフィスで働いていましたが、送られてくるデモテープが一日に100曲は余裕で越えているので一曲短いと30秒程度しか聴いてなかったような。

最近ももクロ楽曲の多くを手がけている前山田健一さんが曲にたくさんの仕掛けを入れていることは有名ですが、そういう展開の早い曲じゃないとデモテープの段階で捨てられていく…のでしょうね。自分も最初の数十秒で何か引っかかるものがないと次に行っちゃったり。適当に流し聴きしているときはそんなことはしないのですが。

というわけで、音楽を聴きたい衝動にかられているので旅先でも聴きたい。ヘッドフォンで聴いてもいいのですが、やはり部屋でまったりとチルアウトするときには、ヘッドフォンは前向き過ぎる、攻めすぎる。なのでスピーカーで聴きたいってことで旅のお供のスピーカーを用意することに。

最初に目星を付けたのがオーディオテクニカのAT-SPP50。3千円しません。バッテリー駆動でライン入力のみ、といういさぎよさ。割り切ってます。価格.comの口コミもそれほど悪くはない。

audio-technica コンパクトスピーカー ブラック AT-SPP50 BK
audio-technica コンパクトスピーカー ブラック AT-SPP50 BK

ただ、これを買いに近所の大井町LABIに行ったところ、見つけたのがコレ。

TDK iPod/iPhone対応スピーカー コンパクトボディ(折りたたみ式) ブラック Xaシリーズ SP-XA3602BK
TDK iPod/iPhone対応スピーカー コンパクトボディ(折りたたみ式) ブラック Xaシリーズ SP-XA3602BK

在庫限りですが、オーテクのより安い2,500円で売っておりました。市場価格は4千円程度でしょうか。残念ながらオーテクのはパッケージに入れられて吊されているタイプなので試聴できなんだ。こちらのTDKのものは試聴してみると低音は想像したように小さいために少なめですが、中音域から高音まではそれなりにパワーのある音。ホテルの部屋で最大にして聴いたら怒られるレベルの音量は出ますwまた、音も多少シャリシャリ感はあるものの箱鳴りしまくるようなチープさはない、それなりの音を奏でてくれます。店員に聴いたところオーテクのAT-SPP50よりは音がいいと思う、とのこと。

旅行に持って行く目的を考えたときに、AT-SPP50は240g。SP-XA3602は454g。倍近い重さなのが気になりますが、それでも絶対的に500gは切っているわけで他に持っている器材を考えれば、そう大きな負担にはならないだろうと判断。何より音も気に入ったし、価格もオトクなのでこちらにしました。残念ながら色はブルーとピンクしかなかったためブルーを選びました。

さっそくエージングをかねて聴いてみます。

iPhone(iPod)のコネクタがついてます。Lightningになってから、こういった旧世代の機種は安いっすなあ。
iPhone(iPod)のコネクタがついてます。Lightningになってから、こういった旧世代の機種は安いっすなあ。
iPhone4Sをパイルダーオン!もちろんiPhoneだけじゃなくて普通のLine入力もあります。
iPhone4Sをパイルダーオン!

もうひとつ、選ぶきっかけというか選ぶ理由がありました。将来いつか自分の手持ちに旧世代のiPhoneやiPodがなくなったらゴミになるようじゃ困ります。コイツにはライン入力もありますので、他の機材でも使えるでしょう。また、バッテリー(単4ってのが困り気味だけど)も使えるのでACアダプター持ち歩きたくないときにはeneloopの単4を持って行けば使えそう。eneloopの充電器はダイビング用のストロボなどのためにたいていの旅行で持ち歩きますから。

つーことで、こういったそれほどハイファイではないシステムで旅先でぼけーっと珈琲飲みながら聴くにはぴったりなアルバムを紹介してみたり。

Coffee & Jazz ~Latte~
Coffee & Jazz ~Latte~

わざとレコードっぽい擦過音、ノイズを入れつつジャズピアノの旋律に身を任せてチルアウトしちゃえます。

あ、都会のアーバンなホテルの最上階に泊まっている、なんてときにはこちらをオススメ。

TOKYO LUXURY LOUNGE 5
TOKYO LUXURY LOUNGE 5

まったりというよりは、ホテルの部屋でルームサーヴィスのカクテルを飲みながら勝負を決めたいとき(ぷっwww)にかけておくようなBGMのイメージかな。ラウンジ系にしては多少スピードが速い後半半分くらいはエレクトロハウス系の曲。

最後にいまだ色あせない都会の音楽、ブリティッシュ・ジャズ・ファンク(当時はフュージョンって言ってたな)と言えばShakatak。Night Birdsは20年ぶりに聴いてもかっこいい。

Shakatak - Night Birds
Shakatak - Night Birds

これ聴いちゃうと首都高速を走りたくなるんだけど、ね。

スピーカーをKFC-RS170に交換した

N BOX+に純正でついているスピーカーはそれほど音が悪い、というわけではないのですがやっぱり多少ぼやけているというか柔らかな万人向けの音ではあるのですが元気があまり感じられない音、という印象。

ですので、これを多少解消すべくチープに改善しようぜ、ということで変えてみました。変える手順はみんカラに腐るほどあるので省きますが、こちらが参考になりました。それほど難しいものではないのでコレを見ておけばOKかな、と思います。

ノーマルのスピーカー。プラスチックコーンなのはいいんだけど、マグネットが小さくて弱い…。パワーはないわな。
ノーマルのスピーカー。プラスチックコーンなのはいいんだけど、マグネットが小さくて弱い…。パワーはないわな。あと、フレームがプラスチック。エンプラなので強度はいいけど、見た目はチープ。普段見ないからいいけど。

今回用意したスピーカーはKENWOODのKFC-RS170。そろそろディスコンになりそうなスピーカーです。

ホワイトのコーンがすてき…かな。
ホワイトのコーンがすてき…かな。

すでに後継のKFC-RS171が発表されてますがあえて古いこちらを。なぜかというとRS171はツイーターの向きが変えられないのがまず一点。ツイーターの向きなんざ変えなくても問題ないとは思いますが(しょせん色々なモノで遮られるわけで)、それに付随して定価ベースで10,800円→7,500円と、かなり安くなっているので色々な部品がコストダウンされているのではないか?と思われたからです。実際の売価ベースだと変わらないんだけどね。後は…新しいのが2月にならないと発売されないから、というのもあります。

さて、実際の取り付けはそれほど難しくありません。そのままトレードインできちゃいます。余計なパーツが多いのでそれに戸惑いますが、ゆっくりパズルを楽しむ感覚で交換してしまえばいいかと。タッピングビスが多いので持ち手の大きなドライバー、もしくは電動ドライバーがあるとラクかな。

これが最初から付属しているのでラクチン。
これが最初から付属しているのでラクチン。

このインナーバッフルというかアダプターを使えば問題なく取り付けられるようになっています。ホンダ用にバキバキカットしないといけないのですがペンチでつかんで折っていけばOK。

こんな感じでつきます。
こんな感じでつきます。

内張ともぶつかるところもないので、入れ替えたらそのまま内張を戻せばいいのでラクできました。リアも難しくありませんので、ゆっくりやってもトータルで2時間もかからないかと。

実際に音を聞いてみたら解像度が増したのと低音がより出るようになりました。エージングが終わってないので多少音に艶がないというかシャリつくところはありますが、全体的にレベルアップした音になっています。繊細さというより元気さが耳につく音に変化したかと。

と、わかりもしないのに書いてみた。

2014年1月追記

下取りに出す関係上、ノーマルのスピーカーに戻してみました。そのとき感じたのはノーマルは、ドンシャリが強いということ。それと高音域があまり丁寧な音じゃなくて、ややノイジーに感じられました。低音域は悪く言うとダンピングの効いていない音で、ブーミーな感じかな。いまさらですが、KFC-RS170は値段なりの音は出していてくれたんだ、と気づきました。

スピーカー交換の時間が意外に短かったので、そのままガソリンスタンドにガソリン入れて洗車しに行きました。洗車の間にフラフラと戸越銀座に行き、とりあんでからあげ食って帰ってきました。

大分のとりあん。有名店です。
大分のとりあん。有名店です。
店内の様子。
店内の様子。
結構お高い。
結構お高い。
マスコミの取材も多いね。個人的には田中みな実より竹内由恵が好きです。どうでもいいなw
マスコミの取材も多いね。個人的には田中みな実より竹内由恵が好きです。どうでもいいなw
三つで100グラムくらい。
三つで100グラムくらい。

ま、買って食っといて紹介しておいてなんですが。しょせん鶏の唐揚げですwうまいけど、死ぬほどウマイ、絶対死ぬ前に食っとけ、ってなものでもないかな。自分で作る方がうまいかもしれない、と思うくらいなので別段ココを目指して買いに行くところでもない気がします。

同じ大分の鶏の料理では吉野鶏めしが死ぬほどウマイと思う料理なワタクシ。たまに無性に食べたくなります。