DC-MCNP1/DC-MCNP2

dcmcnp1

DC-MCNP1(およびDC-MCNP2)にまつわるまとめページ(2011年5月13日更新)

DC-MCNP1はXtreamerの日本ローカルバージョン。ハンファジャパンが販売元になっている。製造は、韓国のUnicorn Information Systems LTDという会社であり、オランダのMvix Europeがワールドワイドの販売元になっている。ここらへんの関係は不明だが、ハンファがUnicorn Information Systemsから買ってるようなイメージ?以前もハンファはこのMvixを日本向けに販売している。なお、どちらも韓国資本。なおここまでの記述は2009年のものである。現在のXtreamer.netからはいったいどの国の企業なのかが非常にわかりづらい。

2011年現在はDC-MCNP2という型番になり、これはXtreamer SideWinderに相当するものとなった。ファームウェアもXtreamerそのままとなり、独自のローカライズはされていない。中身は同じものと考えてよい。

・基本スペック DC-MCNP1のもの

製品名 DC-MCNP1
再生形式 映像 MPEG2 HD(ts,tp,trp)、MPEG-1/2、Xvid、DAT、ISO、VOB、IFO、MKV(x.264)、H.264、WMV9、ASF、MOV、RMVB、FLV、MP4、MotionJPEG
音声 MP3、AAC、OGG、AC3、DTS、MPEG1/2 Layer 1/2/3(MP3)、MPEG2-2BC、MPEG-2/4 ACC-LG、WMA9(Pro)※、FLAC

※LOSLESS WMAは非対応

静止画 BMP、JPEG、GIF、PNG、TIFF
ビデオ出力 コンポジット×1、HDMI(Max1080P)×1
映像形式 NTSC、PAL、AUTO(HDMI出力時)
オーディオ出力 アナログ RCA (L/R) × 1
デジタル 光(Optical) × 1
ネットワーク ポート 10BASE-T / 100BASE-TX (RJ-45) × 1
プロトコル TCP/IP
IPアドレス 自動取得 (DHCPクライアント機能) / 手動設定
対応ハードディスク SATA規格の 2.5インチ型ハードディスク※ 本製品にはハードディスクドライブは含まれておりません。
※ ハードディスクを装着しなくても USB-HOST / ネットワークプレイヤー としてご使用頂けます。
USBインターフェイス USB 2.0 (クライアント) × 1、USB2.0 (ホスト) × 2
電源仕様 入力 AC 100V 50/60Hz
出力 DC 12V、2A
対応OS Windows Vista SP1以降 / Windows XP SP3以降※32bit版OSのみ対応
外形寸法 167 × 29 × 112 mm
重量 約325g ※本体のみ
パッケージ内容 DC-MCNP1本体、スタンド、リモコン、ACアダプタ、RCAケーブル、USBケーブル、リモコン用電池(動作確認用)、保証書兼クイックスタートガイド

・初期出荷時(2009年)のファームウェア

出荷時のバージョンである、1.0.0 boot12。XtreamerのVer1.0.1と同等と思われる。なお、XtreamerのファームウェアはDC-MCNP1には当たらない。

・2011年現在のファームウェア

DC-MCNP1は、一度だけファームウェアアップデートが行われたのみで2009/11/17更新でストップしている。このファームウェアでもある程度問題なく使えるのだが、現在では陳腐化していることは否めない。

Xtreamer用のEmergencyファームウェアを使うことでDC-MCNP1は、Xtreamerになるのでぜひオススメしたい。もちろん保証が受けられなくなる、といったデメリットも考えられるが、すでに初期出荷から2年弱が経過するものなので、保証は切れている人も多いはず。なのでやっちゃえとしか言いようがないwしょせんファンの問題などもあるので、いろいろと魔改造して遊ぶメディアプレイヤーとなった。ファームウェアはこちらにあります

ページ下方にEmergency firmware download and installation instructionsという項目がありますので、それを展開し、(1)にあるFileをクリックすればエマージェンシーファームはダウンロードできます。手順はそこに説明されていますので中身が空っぽのUSBメモリを用意して、アップデートしてみましょう。再起動後の設定で日本語にするのをお忘れなきよう。

DC-MCNP2はファームウェアはXtreamerそのものなので、本家のアップデートに素直に追従できる。よかったよかった。

・熱問題とファン

DC-MCNP1はファンを止めてしまうと、チップが過熱して暴走するという話が多い。デコードチップは、Realtek 128Xを採用している。ちなみに、このチップはAsusのネットワークメディアプレイヤーのO!Playにも採用されている模様。
ファンは25mmという非常に小さいサイズのものが採用されている。ファンのスピードは調整できるが、高速にするとかなりうるさい。低速でも耳障りな印象を受ける。
チップセットヒートシンクが、チップと密着していない報告もある。そのため、一度自分でヒートシンクを貼り直すのもよいかも。ただ、初期不良報告が相次いでいるので、あまりにもハングアップが激しいようなら交換を申し出るべき。なお、自分のDC-MCNP1のファンを止めてテストしてみたが、気温27℃のときにはH.264AVCなどをデコード再生してもハングアップなどの症状は出なかった。

・その他の不具合またはTips

  • NASのファイルが再生できない。(QNAPのNASのファイル再生が全滅のようだ)
  • WindowsXPの共有フォルダを見失う
    解決策はこちら
  • PCの共有フォルダを見るときに、ゲストでアクセス可能にしていても、アカウントでログインを求められるときがある。なお、この場合、アカウントを入力してもログインフェイルになる。PCを再起動することで見られる。
  • 一部再生できないファイルがある。
  • m2tsのように、音声を複数持っているデータ、特にBlu-Rayからリップしたようなデータを再生する場合には、対応していない音声フォーマットの場合には「不明な音声フォーマット」と表示される。音声切替は効くので、PCMなどに切り替えて視聴は可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です