VEZELのスピーカーを交換

もうダメ、あたしガマンできないっ!こんな締まりのないボヤけた低音は許せないわっ!とイライラも募ったのでスピーカーを交換することに。そう、以前N BOX+につけていたKENWOODのスピーカーKFC-RS170にするのだ。

ウインドウのところにあるカバーを外す。
ウインドウのところにあるカバーを外す。
取るとこんな感じ。
取るとこんな感じ。
それほどこれは難しくはない
それほどこれは難しくはない

サッシのところのカバーをまず外す。力業ですぐ取れる。勢いあまってファスナーの金属部分などをぶっとばさないように注意。

ひじかけのところのフタ。これがやっかい
ひじかけのところのフタ。これがやっかい

最初は内装はがしでがんばってみたんだけど無理。ドライバーも突っ込みたくない。そこでお手製のSSTを作る。スーパースペシャルツールだぜ!と意気込むほどでもない。

これはダブルクリップのつまみの部分を外して、先端を90°曲げたもの。この曲げた部分を突っ込んでラジペンで持って持ち上げる。全体が固い上に傷をつけにくいジェントルな作りなのでなかなかよいツールになったw

そこでSST(特殊工具)登場www
お手製SST(特殊工具)。なくしてもすぐ作れるw
うまく外れてくれました。一カ所5秒。
うまく外れてくれました。一カ所5秒。

これを使うと使わないではおそらく作業効率が10倍違う←おおげさ

こういったもので外そうとしたんだけど無理w
こういったもので外そうとしたんだけど無理wこういうのは内装はがしには重宝する

次はドアオープナーを外す。

ドアを開けるリリースレバーのところのカバーも外してネジを外す
ドアオープナー、リリースレバーのところのカバーも外してネジを外す
上の切り欠きのところにドライバーを突っ込むと外れる構造なんだけど、横から内装はがし突っ込んだ方がカンタンだった。
上の切り欠きのところにドライバーを突っ込むと外れる構造なんだけど、横から内装はがし突っ込んだ方がカンタンだった。

ここらへんはそれほど難しくないが、傷つけないように慎重に。

あとは内装をバリバリ外す。ファスナーが多い(赤丸)ので何個か割れるかも。気にしないw
あとは内装をバリバリ外す。ファスナーが多い(赤丸)ので何個か割れるかも。気にしないw
パワーウインドウスイッチのところのコネクターを外す。ちゃんと見える場所に回転させて外そう。
パワーウインドウスイッチのところのコネクターを外す。ちゃんと見える場所に回転させて外そう。

このパワーウインドウスイッチのところにあまりストレスをかけないようにして外そう。しかし、なぜこんなにケーブルが集中してるんだろうな。

N BOX+と同じようなスピーカー…。スペシャリティカーっぽくねーよなぁ…。
N BOX+と同じスピーカー…。スペシャリティカーっぽくねーよなぁ…。
上のネジを緩めて取る
上のネジを緩めて取る
コネクタを外す
コネクタを外す

スピーカーを外すとき、ネジを緩めた後は慎重に剥がす。内装はがしを少し入れてじわっと外せば取れてくれる。上側からやることをお忘れなく。

聞き慣れているKENWOODのRS-170。
聞き慣れているKENWOODのKFC-RS170。
このネジ受けを外さないといけない。本当なら別の部品で取り付けるべきなんだけど、パーツなくしているw
このネジ受けを外さないといけない。本当なら別の部品で取り付けるべきなんだけど、パーツなくしているw
少し悩んだ末…裏返して使っちゃえ、ということで解決
少し悩んだ末…裏返して使っちゃえ、ということで解決
無事付いたのでテスト。ちゃんと音が鳴るのを確認。
無事付いたのでテスト。ちゃんと音が鳴るのを確認。
最後にコネクターやドアオープナーなどを戻して内装をバンバン嵌めて終了。
最後にコネクターやドアオープナーなどを戻して内装をバンバン嵌めて終了。
なお、ひじかけ(手すり)のところのカバーを一個ダメにしたので取り寄せないといけないってことでパーツ番号を激写するw
なお、ひじかけ(手すり)のところのカバーを一個ダメにしたので取り寄せないといけないってことでパーツ番号を激写するw

フロント側は20分も見ておけばいいかな?スピーカーが新品だとプラス10分程度なので30分だろうか。リア側もほぼフロントと手順は変わらずフロントよりカンタン。

リアのドアもほぼ一緒。サッシの部分がないだけ。
リアのドアもほぼ一緒。サッシの部分がないだけ。
まだビニールついてた。このネジも忘れずに。
まだビニールついてた。このネジも忘れずに。
ひじかけのところも一緒。SSTがモノを言うw
ひじかけのところも一緒。SSTがモノを言うw
やっぱりファスナーも多め。
やっぱりファスナーも多め。

スピーカーなどの留め方も一緒。

後ろも安っぽいスピーカー
後ろも安っぽいスピーカー
本来ならこの部品と木ねじで留めるべき。
本来ならこの部品と木ねじで留めるべき。
こんな感じにするんだよね。
こんな感じにするんだよね。
後ろのツイーターの調整をちょっとして装着終了。ちゃんとテストしよう。
後ろのツイーターの調整をちょっとして装着終了。ちゃんとテストしよう。
これはドライバー側の後ろの席。全体はこんなイメージだ。
これはドライバー側の後ろの席。全体はこんなイメージだ。

てなわけで全部のスピーカー交換には2時間ほど見ておけばいいかなと思う。難易度はそれほど高くない。スピーカーも安いものでも効果はてきめんなので、音楽をちょっとだけいい音で聞きたい人にはお勧め。デッドニングだのバッフル板だのこり始めると天文学的な数字(オーバーだ)の費用になるので注意w

そんな嗜好の人はこんなお手軽なことはしないだろーけどね。

オマケ

殺風景なステアリングに
殺風景なステアリングに
1000円もしなかった。
1000円もしなかった。
マジョーラで厨二っぽくw
マジョーラで厨二っぽくw
ちょっとだけ色気をw
ちょっとだけ色気をw

ステアリングにちょっとしたステッカーを。赤くする人が多いけど、ワタクシは意味不明なマジョーラカラーにしてみましたよと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です