クラッツィオ シートカバー キルティングタイプ

性懲りもなくN BOX+いじりブログは続く。まぁ、たまに買う新車だしネタ的にたくさんあるので、飽きるまでおつきあいくださいな。

今回装着するのはシートカバー。昔から別段シートカバーなんぞいらないじゃん、シートそのままの方が座り心地いいじゃん、かっこいいじゃん、と思っていたのだが、昨今は違うらしい。ウチらの時代(と一括りにできないけど)はシートカバーっていうと適当なニットみたいな生地で、これまた適当にかぶせて、そしてゴムバンドで留めるようなものだった。というか、各車種専用のシートカバーなんて20年前にあったっけ?というくらい記憶にない。あったのかもしれないけどね。

今でもたまに見かけるレースのシートカバーもあったけど、さすがにアレは付けなかった。まぁ、シートカバー買うお金もないウチら(勝手にまた括る)はTシャツなんぞをシートカバー代わりにしてました。マツダのファミリアなんか、そういう人多かったと記憶する。サーフボードのっけてね。あのファミリア、今あったら欲しいなー、なんて思う…。なちゅかしい。

サーフボードが純正アクセサリにあるんだぜ、なんてギャグもあったような。

さて、話がそれたけど、今回買ったのはコレ。クラッツィオのキルティングタイプ。個人的にはキルトってこどもっぽいイメージもあるのだが、シャネルのキルトなどを見るとそれなりにかっこいいわけで、今回はシックさを狙ってコレにしてみた。プレーンなモノもあるのだけど、それだとシャレっけがないような気もしたし。

レッドステッチにブラックの組み合わせは、これまた30年前のツッパリを彷彿とさせるカラーリングなのだがw(俗に言うヤーサントラディショナル、ヤートラ的なカラーリング)、昔から赤と黒のコンビネーションは、定番でもある。

クラッツィオ シートカバー キルティングN-BOXプラス 4人乗り型式:JF1 / JF2年式:H24/7~グレード:詳細にて要確認下記詳細を要確認

クラッツィオ シートカバー キルティングN-BOXプラス 4人乗り型式:JF1 / JF2年式:H24/7~
価格:16,800円(税込、送料別)

というわけで、N BOX+専用になったコイツを選ぶ。価格も定価では19,800円だが実際には2割引程度で購入できる。

では、実際に取り付け前と後を比較するとこんな感じ。

フロントシートノーマル
リアシートノーマル

届いたブツはこれ。

届いた箱は結構巨大。玄関先で邪魔もの扱いw

家に届いたらとっとと装着することをオススメ。邪魔で仕方なかった。

結構丁寧な説明書がついている。これは親切だ。あと、シートカバーをウリウリするヘラもある。内装いじりに今後も使えそう。

ちゃんとその車種に合わせた説明書になっている。手順もやりやすいように示してくれているので素直にその通り組んでいけばよい。というわけで、2時間半ほど奮闘して、以下のようになった。

どどーん。フロントシート。
ばばーん。リアシート。

若干うまくはまってないところもあるが、おおむねオーケー。もう少しなじんだらやり直そうと思う。というか、指がかなり疲れるのでしばらくやりたくない。フィッティングがしっかりしている分、キツいです。さらに冬なので生地が硬いのでやりづらい。

ここらへんはちょいとフィットしづらいか。まぁ、許容範囲。

コンビニフックなどはきちんと処理できて、ノーマルの使い勝手を損ねることもない。若干フィットしない箇所もあるが、全然許せるレベル。もっともプロならもっとしっかり着けるんだろう。

レッドラインが入ったホイールと合うのだよ。ふふふのふ。これを狙っていた。

ドアを開けたときに飛び込む視界はしっかりとコンビネーションされているのさ、へへへのへ。

後ろもこんな感じで統一感バッチリ!と勝手に自画自賛。
助手席側も…しつこい。

というわけで16,800円という値段の割には仕上がりはよい。想像していたより生地はチープだったけど、新品すぎてテカテカしているのとか気になるので使い込めばそれなりの風合いになりそう。本革と比べちゃダメだし。飽きたら捨てるのにも惜しくない価格なので、少ししたらまた考えようと思う次第。

今回の費用対効果は、自分的にはホイールと相まって非常にリーズナブル。満足しております。

以下、自己満足なオマケw

うれしくなり写真を撮りまくる。
薄暮時の写真はひときわ艶やか。
こうしてどんどん傾向が幼児退行気味にガキっぽくなっていくのだった。

「クラッツィオ シートカバー キルティングタイプ」への1件のフィードバック

  1. フィッティングがすばらしいです。
    赤のワンポイントがいけてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です